ホーム

夫婦でお金の価値観が違うと感じる瞬間は?

読了までの目安時間:約 2分

男性と女性では

実はもともとお金に関する価値観が違うと言われています。

 

例えば、

 

女性は物を購入するときには「安いもの」にひかれやすく、

男性は「必要なもの」にひかれやすいそうです。

 

スーパーにいって普段食べない食材だけど、

割引になっていたから買ってきた。

と妻は喜んでいたりしますが、

夫は普段食べないんなら買わなきゃいいのに。

と感じるそうです。

 

逆に

夫が効率がよさそうなバックがあったから買ってきた。

と新しいバックを嬉しそうに見せると、

妻はバックなんていっぱいあるのにどうしてまた買ってきたの?と思うそうです。

 

普段は安いことにひかれる女性も

キレイなものやキレイになる物に関してはお金をかける、

男性は

自分の趣味や嗜好品には必要がなくてもお金をかけるという傾向があります。

 

貴金属や化粧品は

男性にとっては必要性がないと感じているのに女性は喜んで買う、

趣味や嗜好品なんて安食い物を工夫すればいいのにと思うのに男性はお金をかける。

中には、

闇金に手を出して悩んでいる

そんな人までいるようです。

このようなことで

お金の価値観の違いを感じることが多いようです。

 

そもそも夫婦はお金の価値がんが違うものです。

仕方ないんですよね。

夫婦げんかの末、離婚。妻が夫からもらえる慰謝料はどれくらい?

読了までの目安時間:約 2分

離婚原因として、

夫婦げんかが引き金となっていく場合があります。

 

夫が妻とけんかをしたときに

暴力をふるったことが離婚の原因となった場合には、

暴力によって妻が怪我をさせられたりすると

慰謝料としては

200万円あたりが相場のようです。

 

そう考えていくと

慰謝料の算出の仕方が気になりますよね。

 

算出にはいくつかの項目があって、

婚姻してきた期間や夫からの暴力の度合い、

さらには妻が受けた傷害の度合いなどが関わってきます。

 

ちなみに

婚姻期間は長いほど慰謝料の額は上がっていって、

30年以上の婚姻期間となると300万円あたりです。

10年未満では、下がっていって100万円以下が相場のようです。

 

さらに

夫が妻に与えた暴力といってもさまざまなケースがあって、

長年に渡って妻が夫から暴力を受けてきたとなると

慰謝料の額はグッと上がっていきます。

夫の暴力によって、

入院となったとか

後遺症が残ったとなると

交通事故の損害賠償と同じような扱いの慰謝料の額を要求できるのです。

 

後遺症は長い間にわたって残っていくものですから

慰謝料の額もその分だけ高くなっていくことになるのだそうです。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報